死亡保険は、遺族年金があるので、子供が大きくなるにつれて金額を抑えても問題ありません。定期的に見直しましょう

やはり加入して置かなければいけない保険

保険の見直しタイミングとその内容

生命保険、医療保険は大人になると加入する保険ですが、保険の内容は入ったらそのままではなく、定期的に見直していかないといけません。独身の時は、医療保障でいいでしょう。しかし、結婚するとその内容は少し見直しが必要です。医療保障でも入院については1日から保障が付くプランに変更することが必要です。そして、子供が生まれた時は大きく見直しが必要になるのです。

子供が生まれた時には、死亡保障を新たに追加する必要があります。これは、被保険者が死亡した時に子供、妻がその後の生活がしばらく保障されるために必要となるのです。また、医療保障ではガン、生活習慣病保障が必要となります。ガン、生活習慣病は一旦なると、手術を要する病気であったり、長期の治療を必要とするのです。生活を脅かすケースもあるので、保険での対応が必要となるからです。

そして、子供が大きくなるとき、中学校卒業、高校卒業などのタイミングで死亡保障を少なくしていくことをお勧めします。厚生年金には遺族年金があります。死亡保障と遺族年金でかなりの高額収入になります。残された遺族はとてもありがたいのですが、死亡保険金を少なくしても、遺族年金があるので、生活に支障があるレベルではありません。死亡保険は少なくしても問題ありません。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017やはり加入して置かなければいけない保険.All rights reserved.