病気、怪我に必要な保険は、公的保険である国民健康保険と、公的保険の対象外の部分をサポートする民間保険があります

やはり加入して置かなければいけない保険

病気、怪我に必要な保険

医療保険とは病気、怪我をしたときに治療にかかった費用を補償するための保険です。公的な保険である国民健康保険は、国民皆保険と言われており、すべての人が利用できます。実際の治療費の7割を国が負担し、実質3割だけを支払います。サラリーマンなどは会社ごとに健康保険組合が公的な保険の代行サービスを行ったりします。それとは、別に民間の保険会社が販売している医療保険があります。

公的な医療保険は、高額な治療費に対してはサポートはありますが、ある一定額までは支払いが必要になります。また、入院の差額ベッド、食事代、個室利用などの費用は自己負担になってしまいます。公的な医療保険で対象外となる部分をサポートするのが民間の医療保険なのです。民間の医療保険にはいろいろあり、入院の日額をサポートしたり、ガンなどの高額な治療費をサポートしたりします。他にも生活習慣病特約などがあります。

近年、医療保険の中で必要性が高いといわれているのが先進医療特約です。ガンの重粒子線治療がよく聞かれますが、高額な医療費ですが、公的な保険の対象外となる治療に対しての保障ができます。民間の医療保険として、生活習慣病、ガン、入院保障、先進医療特約には加入することをお勧めします。

Copyright (C)2017やはり加入して置かなければいけない保険.All rights reserved.